1. ホーム
  2. 銀行
  3. ≫住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクアップを目指す方法

住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクアップを目指す方法


住信SBIネット銀行は全利用者に対して「振込手数料が3回まで無料」や、「24時間ATM手数料が何回でも無料」というサービスを提供していたことで人気を集めていましたが、2016年から「スマートプログラム」が導入されたことによって、取引の多くないライトユーザーにとってはメリットが薄くなりました。

ただ、ヘビーユーザーはランク次第でサービスが増加されるようにもなっています。

住信SBIネット銀行スマートプログラムランクアップの条件

ランク付けで一番わかりやすいのは預金残高です。以下の預金残高の条件に該当する場合はランク2になります。
・総預金の月末残高が100万円以上
・総預金の月末残高が1,000円以上、且つ30歳未満
・総預金の月末残高が1,000円以上、且つ以下の1~8の条件に2つ以上該当

下記がランク3の条件です。
・総預金の月末残高が300万円以上
・総預金の月末残高が1,000円以上、且つ住宅ローンを利用
・総預金の月末残高が1,000円以上、且つ以下の1~8の条件に3つ以上該当

30歳以上で100万円以上の預金が難しい、且つ住宅ローンを利用していない場合は、下記の付帯条件を満たす方法でランクアップを目指すことになります。

ランク2は下記の条件の内2つ、ランク3は3つを満たせば達成できます。該当するものが無い場合はランク1です。
①外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
②SBIハイブリッド預金の月末残高あり
③デビットカードの利用金額が1万円以上
④仕組預金の月末残高あり
⑤カードローンの月末借入残高あり
⑥目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
⑦純金積立の引落しあり
⑧給与、賞与または年金の振込あり(給与などの名目で振り込まれなければなりません)
中でも、①~③の条件がクリアしやすくなっています。

①外貨預金(普通・定期)の月末残高あり

外貨預金というと何か難しそうですが、住信SBIネット銀行では外貨預金は1通貨単位で保有でき、しかも、月末に1通貨だけでも残高がありさえすれば良いので、1ドルだけ外貨預金をしておけば条件が満たせます。

要するに、100円程度の預金で条件がクリアできるということです。なお、外貨預金の申込はインターネットから簡単にできます。

②SBIハイブリッド預金の月末残高あり

SBI証券に口座を開設しなければなりませんが、開設手数料や維持手数料は無料であり、こちらも100円の残高でクリアできます。

なお、SBIハイブリッド預金の申込もインターネットから容易にできます。

③デビットカードの利用金額が1万円以上

デビットカードは年会費が無料であり、1万円程度であれば食費などに使うことで無理なく達成できる上、利用した分のポイントも貯まります。

なお、VISAの加盟店で利用できるので、利用先に困るということはありません。

●ランクごとの特典
ランク4…ATM出金手数料無料月15回、他行宛振込手数料無料月15回
ランク3…ATM出金手数料無料月7回、他行宛振込手数料無料月7回
ランク2…ATM出金手数料無料月5回、他行宛振込手数料無料月3回
ランク1…ATM出金手数料無料月2回、他行宛振込手数料無料月1回
※ランク4は毎月50pのボーナスポイントが付きます。

なお、自行宛の振込手数料や、預入時のATM手数料はどのランクでも無制限に無料です。

また、ポイントは1ポイント1円でキャッシュバックされます。

ちなみに、手数料の無料回数を消化すると、ATM手数料は1回当り108円(税込)、振込手数料は1回当り154円(税込)が掛かります。

最高位のランク4の特典

ランク4になると特典が最大になりますが、その分ハードルが非常に高くなります。
・仕組預金+外貨預金の月末残高が500万円以上
・仕組預金+外貨預金の月末残高が300万円以上、且つ住宅ローンを利用

リスクの伴う仕組預金や外貨預金の金額と特典を秤にかけると、アンバランスと言わざるを得ず、ランク4のメリットが感じられません。

SBIカードの特典とは?

住信SBIネット銀行のグループであるSBIカードが発行するクレジットカードのSBIカード(レギュラーカード)を保有すると、ランクが1つアップします(ゴールドカード、プラチナカードは2アップ)。

従って、SBIカード保有者であれば、ランク3の条件を満たしていると、ランク4になります。

ただ、SBIカードの年会費は900円(初年度無料)が掛かるため、スマートプログラムの特典である600円分のポイント(50ポイント×12ケ月)を貰っても割に合いません。

結論としては、スマートプログラムのために何か無理をするというのは得策ではないということです。

また、住信SBIネット銀行はネットバンクのため、消費者金融やクレジットカード即日発行のようにその日のうちにカード発行することはできません。

カードローンやクレジットカードで急ぎの方は、他で申込した方が断然に早いでしょう。

銀行 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。